ノンエーはニキビに効果のある洗顔石鹸ですが、その効果をさらに最大限に発揮させることで、ニキビが治るのを加速させることができます。

ノンエーの効果を最大限に引き出すには、次の2点が重要になります。

  • ノンエーを使った洗顔方法(使い方)
  • ノンエーと合わせて使用するケア用品

それでは、順番に説明していきたいと思います。

ノンエーの効果を最大限に引き出す方法

ノンエーを使った洗顔方法(使い方)

ノンエーはニキビ用の洗顔石鹸ですが、通常の石鹸と同じような洗い方をすると逆効果になる場合があるので注意が必要です。ノンエーを使った洗顔手順は次の手順で行ってください。

手順1:手の汚れをしっかり落とす

まずは、手の汚れをしっかり洗い落として下さい。汚れた手で洗顔すると、そこからばい菌が入りニキビを悪化させることもあります。

手順2:ぬるま湯で顔を軽く洗い流す

ぬるま湯で顔を軽く洗い流してください。お湯の温度は、サイトによって様々なことが記載されていますが、基本的は体温と同じ温度です。そこから自分の肌状態に応じて上下させます。

もし、あなたの肌状態がオイリーな場合は、体温より少し湯温を上げることで余分な皮脂が落ちやすくなります。逆に乾燥肌の場合は、肌に皮脂が不足していることが考えられるので、これ以上の皮脂を落とし過ぎないように湯温を低めに設定します。このように肌の状態によって湯温を上下させることが大切です。

手順3:ノンエー石鹸をしっかりと泡立てる

ノンエー石鹸を泡立てネットなどを使用してしっかりと泡立てます。ニキビ肌に大切なのは泡で洗顔することです。手で直接肌に触れるような洗い方をすると刺激が強くニキビを悪化させる可能性があります。泡で洗顔できるようにしっかりとボリュームのある泡を作ってください。

ノンエーはきめ細かな弾力のある泡が数秒で簡単に作れるので難しくはないはずです。

手順4:泡を顔全体に押し当てるように広げる

作った泡を顔全体に押し当てるように広げて下さい。こする必要はありません。ノンエーの泡は弾力があるため、たとえ泡でもこすると刺激になりかねません。

手順5:石鹸を洗い流す

手順4までは、どちらかというとどの洗顔石鹸でも基本的には共通なのですが、この手順5がノンエー石鹸にとっては最も重要です。

泡を付けて洗い流すまでの時間の目安は20秒~30秒で行って下さい。乾燥肌の場合は、10秒~20秒が目安です。ノンエー石鹸は、洗浄力が非常に高いため通常の石鹸でよくやるような泡を顔に付けてから数分放置といったことはやらないようにして下さい。

本来必要な皮脂まで落ちてしまい、乾燥肌になる原因になります。

手順6:清潔なタオルで水分を拭き取る

ノンエー口コミ4最後に清潔なタオルを顔に押し付けるようにして水分を拭き取ってください。何度もタオルを使いまわすようなことは避けて下さい。一度使用したタオルは菌が劇的に増加すると言われています。タオルを使いまわすとその菌で顔を拭いているようなものです。

ノンエーと合わせて使用するケア用品

ノンエーは残念ながら万能ではありません。あくまでニキビの肌に適した洗顔石鹸であり、肌に潤いを与えたり、保湿する能力に長けているわけではありません。ニキビを少しでも早く治すには、次の3つのステップがとても大切です。

  • STEP1: 洗顔
  • STEP2: 潤い
  • STEP3: 保湿

ノンエーが満たせるのは、あくまでSTEP1の洗顔です。よって、STEP2の潤い、STEP3の保湿も別途必ず行う必要があります。使用する物は、自分が持っているものでも結構ですが、潤い、保湿ともに重要なのでしっかりと機能する用品を選択するようにしてください。

ノンエーを発売しているプライマリーからも潤いを与えるローションなどがあるのですが、私は、リプロスキンという潤いの浸透率が高いことで有名な化粧水を使用しました。

>> リプロスキンの詳細はこちら <<

更に潤いを与えた後は、その潤い成分を逃がさないように保湿する必要があるのですが、もし、ニキビの程度が軽いのであれば、ヴァセリン(バセリン)が実はおすすめです。ヴァセリンの保湿能力は群を抜いており、圧倒的な保湿能力があります。しかし、ヴァセリン自体ニキビ用に作られているものではないので、炎症したニキビなどには逆効果になる成分なども含まれています。よって、炎症しているような赤ニキビには使用しない方がいいですが、程度の軽いニキビの場合はおすすめです。